「神栖市の風景」カテゴリーアーカイブ

神栖市メールマガジン(2017年11月29日配信分)

神栖市メールマガジンで配信された内容です)

 

 

 

神栖市の行政情報をお届けします!

◎HPアンケートにご協力を!
市では、ホームページのリニューアルを検討しています
現在のホームページに対するご意見やご要望を聞かせてください
回答はhttp://bit.ly/2AmTutI
※スマートフォン以外の携帯電話では回答できません
市民協働課 0299-90-1123

◎子育て情報
●けん玉教室
けん玉・練習・検定など
12/2(土) 13:30~15:00
3歳~小学生
当日、自由参加可能
軽野児童館 0299-97-0360

●クリスマスツリー作り
おばあちゃんと一緒に、段ボールでツリーづくり
12/5(火) 11:00~11:30
乳幼児と保護者
当日、自由参加可能
大野原児童館 0299-92-7192

●おたのしみ会
プロによるパフォーマンス、お楽しみプレゼントなど
12/10(日) 10:30
市内在住の0~18歳と保護者
150人
300円を添え、事前に来館申し込み
女性・子どもセンター 0479-48-1112

●図書館イベント
◇ふゆまつり
冬にちなんだ映画や読み聞かせ
12/3(日) 10:30~11:30
(受付 10:00)
中央・うずも図書館
市内在住の子ども
※中央図書館のみ、先着30人
中央図書館 0299-92-3746

◎くらしの情報
●今週の休日当番医
12/3(日) 武藤小児科医院、渡辺病院、神栖済生会病院(小児科のみ)

 

神栖市メールマガジン(2017年11月22日配信分)

神栖市メールマガジンで配信された内容です)

 

 

 

神栖市の行政情報をお届けします!

◎HPアンケートにご協力を!
市では、ホームページのリニューアルを検討しています
現在のホームページに対するご意見やご要望を聞かせてください
回答はhttp://bit.ly/2AmTutI
※携帯電話(ガラケー)では回答できません
市民協働課 0299-90-1123

◎イベント・観光情報
●婚活パーティー「Christmas Candle」
婚活スペシャリスト・佐藤律子さんによるクリスマスパーティー!
当日、事前セミナーもあります
12/17(日) 13:30~17:00
鹿島セントラルホテル
20~45歳の独身男女
※男性は神栖市・鹿嶋市に在住・在勤の方のみ
各30人(抽選)
男性4,000円、女性3,000円
申込期限 12/4(月)
申し込みはhttp://bit.ly/2if9x5q
こども課 0299-77-7011

◎子育て情報
●栄養士講座
保健師や栄養士による相談も受けられます
11/29(水) 11:00
乳幼児と保護者
当日、自由参加可能
女性・子どもセンター 0479-48-1112

●図書館イベント
◇おはなし会
11/25(土) 14:00
はさき生涯学習センター 0479-44-0001

◇こども映画会
11/25(土) 14:30
◇一般映画会
11/26(日) 14:30
中央図書館 0299-92-3746

◎くらしの情報
●地域ネットワーク勉強会
「成年後見制度の活用とその実際」
地元弁護士が分かりやすく解説します
11/27(月) 10:00~12:00
保健・福祉会館
神栖市社会福祉協議会 0299-93-0294

●日曜開庁
11/26(日) 8:30~17:15
事前に取扱業務をご確認ください
市役所(代表) 0299-90-1111

●今週の休日当番医
11/23(祝) にへいなかよしクリニック、渡辺病院、神栖済生会病院(小児科のみ)
11/26(日) あきら医院、渡辺病院、神栖済生会病院(小児科のみ)

 

「神栖市長選 市長に石田氏 初当選 アリーナ建設計画批判 /茨城」だそうです。

 

 任期満了に伴う神栖市長選が19日投開票され、いずれも無所属の新人で、元県議の石田進氏(59)が、元市議の伊藤大氏(44)と元市議の境川幸雄氏(57)を破り、初当選を果たした。当日有権者数は7万6213人(男3万9230人、女3万6983人)。投票率は54・91%だった。

 市長選は、市が建設中のアリーナや地域医療の整備などを巡って争われた。

 石田氏は、市議8人のほか、アリーナの規模見直しを求める団体の支援を受けた。「特定業者に15年にわたり管理運営を発注するのはおかしい」と現行計画を批判。県議3期の実績と市政の刷新を訴え、支持を広げた。

 伊藤氏は、引退する保立一男市長や市議5人の応援を受けた。アリーナについて「現行計画で建設継続するとした保立市長の判断を尊重する」と主張。「病院統合や医師不足対策に取り組む」と訴えたが、及ばなかった。

 境川氏は、市議4人のほかスポーツ団体などが支援。アリーナについて「縮小すれば中途半端な体育館になる」と現行計画の推進を主張。「公平・公正な市民ファーストの実現」を訴えたが浸透しなかった。【岩本直紀、川崎健】


市長選開票結果=選管最終発表

当 22933 石田進 59 無新

  12870 伊藤大 44 無新

   5719 境川幸雄 57 無新


神栖市長略歴

石田進(いしだ・すすむ) 59 無新(1)

 [元]県議[歴]波崎町国際交流協会会長▽旅行会社社長▽市議▽東海大

(引用:毎日新聞(https://mainichi.jp/articles/20171120/ddl/k08/010/091000c))

 

「神栖市長に石田氏初当選 「防災アリーナは早速見直す」」だそうです。

 

 任期満了に伴う神栖市長選は19日、投票が行われ、即日開票の結果、無所属新人の元県議、石田進氏(59)が、いずれも無所属新人で元市議の伊藤大氏(44)、境川幸雄氏(57)を破り、初当選を飾った。当日有権者数は7万6213人で、投票率は54・91%(前回44・91%)だった。

石田氏は県議3期の経験と人脈を生かし、医師不足問題や防災対策などの課題を解決すると主張。市が建設中の「神栖中央公園防災アリーナ(仮称)」事業や市内2病院の統合問題については現計画の見直しを表明し、現市政への批判票を集めた。出身地の波崎地区でも支持を固めた。

石田氏は当選が決まった19日夜、市内の事務所に集まった支持者を前に「防災対策もアリーナ問題も早速見直す。『オール神栖』で市政を前に進めていく」と抱負を語った。

◇神栖市長選 開票終了

当   22933 石田  進 無新

12870 伊藤  大 無新

5719 境川 幸雄 無新

石田(いしだ) 進(すすむ)59 〔1〕

会社員(県議・市議・波崎町議)東海大

(引用:産経ニュース(http://www.sankei.com/region/news/171120/rgn1711200022-n1.html))

 

「3新人、激しい舌戦 神栖市長選19日投票」だそうです。

 

任期満了に伴う神栖市長選は19日午前7時から午後6時まで投票が行われ、同7時半から同市溝口の市民体育館で即日開票される。大勢判明は同10時ごろの見通し。有権者は7万6852人(11日現在)。

立候補しているのは、いずれも無所属新人で、不動産業の伊藤大氏(44)、元県議の石田進氏(59)、元市議の境川幸雄氏(57)の3人。市内2病院の再編統合を含む地域医療の問題や、規模見直しの賛否を問う住民投票が10月に実施された防災アリーナ整備事業の方針などを巡って舌戦を繰り広げている。

伊藤氏は、18年の議員経験と若さをアピールし、医師確保や企業誘致などへのトップセールス、子育てや教育環境の充実などを公約に掲げ、市内全域をくまなく回り支持拡大に奔走。現職の保立一男市長の推薦を受け、現市政を継承し、アリーナや病院統合問題では現計画の推進を訴える。

石田氏は、県議3期の経験と人脈を生かし、地域医療の再建、地震や津波に備えた防災・減災対策の拡充を重点施策として強調。アリーナや病院統合の現計画をそれぞれ見直す考え。12日の出陣式には元神栖町長と前市長も応援に駆け付けた。地盤の波崎地区のほか全域で支持拡大を狙う。

境川氏は、「公平・公正な市民ファースト神栖」を掲げ、「神栖、波崎の垣根なく、市民の声が届く市政を実現する」と訴える。32年の企業勤務の経験を生かして、地元企業との連携や防災・減災対策の再構築、事業仕分けの実施を公約とし、票の掘り起こしに努める。 (関口沙弥加)

【神栖市長選立候補者】(届け出順敬称略)
■伊藤大(いとうひろし) 44 不動産業 無新
【略歴】平成物産社長、伊藤行政書士事務所代表。元神栖市議当選3回、同町議当選2回。帝京大中退。大野原

■石田進(いしだすすむ) 59 元県議 無新
【略歴】旅行会社グリーンネット社員。元同社役員、波崎青年会議所理事長、県議当選3回、波崎町議当選1回。東海大卒。知手中央

■境川幸雄(さかいがわゆきお) 57 元市議 無新
【略歴】県サッカー協会理事、市体育協会常任理事。元市議当選2回、市サッカー協会長、花王社員。神栖高卒。知手

(引用:茨城新聞クロスアイ(http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15109281206659))