「銚子市の風景」カテゴリーアーカイブ

「IKSTAR ランバーサポート 低反発クッション 骨盤サポート 腰まくら 腰痛対策 姿勢矯正 背当て 背もたれ 猫背 健康クッション ブラック」が欲しいです。

「IKSTAR ランバーサポート 低反発クッション 骨盤サポート 腰まくら 腰痛対策 姿勢矯正 背当て 背もたれ 猫背 健康クッション ブラック」が欲しいです。

 

 

  • 【人間工学に基づいたアーチ型デザイン】人間工学に基づいたフォルムが腰椎のS字カーブをしっかりサポート。腰をしっかり支えるので背筋が自然に伸びて、腰への負担を軽減します。
  • 【腰痛対策・姿勢矯正】腰クッションなしでは、腰や背中が沈みすぎるものが多く、猫背になってしまいます。悪い姿勢で長時間座り続けると、血行不良による不快感・疲れをひきおこして腰痛や肩こりの原因となります。このランバーサポートは、腰を支え体圧を分散することで、安定した姿勢に導いてくれます。背骨をS字型に正しく保ち、長時間座っていても快適です。
  • 【通気性抜群でムレにくい、取り付けバンドを改良】カバーには通気性の良いメッシュ素材を採用し、長時間の使用でも蒸れにくいです。また、裏面の取り付けバンドを改良し、以前調節できなかった欠点を克服しました。ご自宅や職場の椅子や車のシートにしっかりと固定できます。
  • 【使用性能・効果】毎日のデスクワークや長距離運転などで、椎間板ヘルニアや腰痛持ちの方、快適に座りたい方にオススメ。正しい座り方を維持するので、姿勢矯正にも効果を発揮します。
  • サイズ:(約)縦36x横41x厚さ12 素材:本体:ポリエステル100%(高品質のメモリーフォーム) カバー:黒いメッシュ  裏面:滑り止めと粘着防止、粒子付き。 商品について問題、その他アフターサービスが必要な場合、当店までご連絡ください。安全で安心、誠意ある対応をさせて頂きます。何卒よろしくお願い申し上げます。

商品の説明

色:ブラック
ダニクリン、抗菌、通気性、汗を吸い取る
メッシュ生地で通気性抜群!
表面は通気性抜群のメッシュ生地を使用しています。
長時間使用しても、蒸れないから快適にお使いいただけます。
裏側にファスナーが付いているので、カバーは取り外して洗濯できます。低反発メモリーフォーム
座り心地良い、長時間座りっぱなしでも疲れにくい、復元性があり、形くずれしにくくなっています!ゆっくり沈み、体圧を均一に吸収・分散して支えます。

背骨のS字カーブを取り戻す
人間がもっとも自然で楽な姿勢は、背骨がS字型になっているときだといわれています。事務仕事や長時間の運転など、同じ姿勢をずっと続けていると徐々に体勢がくずれ、どうしても腰が痛くなってしまいます。また、車のシートは、腰や背中が沈みすぎるものが多く、そうしたシートでは猫背になってしまいがちです。そんなとき、このソルボ らく楽ランバーサポートが、腰を支え体圧を分散することで、安定した姿勢に導いてくれます。長時間座りっぱなしでも疲れにくい!
腰を伸ばし、姿勢スッキリ!背骨を中心にアーチに体を合わせることで腰、背筋を伸ばし、しなやかな正しい姿勢に。

使い方1:​直立に使用すると腰椎サポート
柔らかさと安定性で背骨を自然なS型に保ち、自然で無理の無い姿勢へと導きます。リラックスにさせる

使い方2:逆立ちに使用すると仕事が疲れにくい
長時間座ることによるストレスから腰を優しく守ってくれます。適度な柔軟性と安定性で負担になる体圧を分散します。疲れにくい

こんな方にオススメ
よく運転される方
デスクワークの多い方
姿勢の悪い方
腰痛ぎみの方
長時間座る方
あなたにとって大きな助けになるでしょう両親、妻、夫、祖父母や友人のための良い贈り物

アマゾンより引用)

 

「校舎、教室が懐かしく 解体前に見学会 /千葉」だそうです。

 

 市立銚子高校との統合で2010年から使われなくなった旧市立銚子西高校(銚子市野尻町)で16日、校舎を見学するイベント「西高 最後の夏休み」が始まった。校舎は今年度中に壊され、来年4月に体育館やグラウンドを使った民間の合宿施設「銚子スポーツタウン」に生まれ変わる。

 初日は約100人が参加。雨漏りや老朽化が激しく、ヘルメット着用での見学となったが、参加者は各教室や理科の実験室などを懐かしそうに見て回った。卒業生の女性(50)は「部活など、当時の記憶がよみがえりました」と話した。

(引用:毎日新聞(https://mainichi.jp/articles/20170917/ddl/k12/040/092000c))

 

「地球の丸く見える丘展望館」(千葉県銚子市)へ -その4-

前回までの投稿、

に引き続き、展望台(地球の丸く見える丘展望館)に行って来たお話です。

 

 

 

いよいよ、展望館の正面入り口へ。

いやーっ、暑かった暑かった。

 

「地球の丸く見える丘展望館」(千葉県銚子市)

携帯のカメラしかなかった

 

普通に外観入れてもつまらないので、

「地球の丸く見える丘展望館」(千葉県銚子市)

携帯のアプリでイジってみた。

んでも、つまんねえ(笑)。

 

入り口(受付)で入館料を支払います。

380円を支払って、いざ入館!!

 

一階部分は受付、お土産売り場、トイレなどがあったと記憶しています。一階の撮影はやめておきました。不審者だと思われてしまいそうで・・・。

 

という事で、階段で二階へ。

 

 

 

「地球の丸く見える丘展望館」(千葉県銚子市)

このようなフロアです

 

二階はいろいろな資料を見ることができました。

 

「地球の丸く見える丘展望館」(千葉県銚子市)

 

「地球の丸く見える丘展望館」(千葉県銚子市)

 

 

こんな感じです。何の説明かは、できません。

 

あ!

何でしたっけ?UFOを呼んじゃったんでしたっけ?

その時の映像も上映されていました。

 

「地球の丸く見える丘展望館」(千葉県銚子市)

UFO呼んじゃったぞー!

 

【続く(かも知れません)】

 

「愛は「駅」を救う!?…「24時間テレビ」で生まれ変わった本銚子駅」だそうです。

 

8月26日から翌日にかけて、日本テレビ系列で放送された「24時間テレビ」上で、千葉県銚子市にある銚子電気鉄道(銚子電鉄)の本銚子(もとちょうし)駅が見事にリフォームされた。本銚子駅は、銚子電鉄が「銚子鉄道」として開業した1923年以来の駅。現在は、主に地元の小学生が登下校に使っているが、築94年が経過していた駅舎は老朽化が進んだせいで痛みが激しく、2学期が始まる前のリフォームが要望されていたという。これを受けて、リノベーションやリフォームを得意としているタレントのヒロミが、足かけ2日間の番組で本銚子駅舎のリフォームに挑戦。作業当日は、一般の見学が許されず、駅周辺の通行規制まで行なわれるほどだったが、結果は、駅舎外観の壁面がレンガ風となり、待合室にはステンドグラスが設置されるなど、以前とは見違えるほどの仕上がりとなった。

銚子電鉄では「8月26日、27日の2日間という短い時間で、まさかここまで! という程の素敵な駅舎にしてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントを寄せており、新しい駅舎をぜひ見に来てくださいということだ。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

(引用:レスポンス(https://response.jp/article/2017/08/29/299090.html))

 

「知事選投票率 県南西で低く県北県央高め」だそうです。

 

保守分裂の激戦となった知事選の投票率は43・48%で、県南西地区が低投票率を記録した。ワースト10に古河市▽神栖市▽境町▽取手市▽結城市▽龍ケ崎市▽守谷市▽土浦市-などが入った。

逆に高かったのは県北・県央地区で、ベスト10には大子町▽常陸大宮市▽大洗町▽那珂市▽常陸太田市▽東海村-などが入った。

(引用:茨城新聞クロスアイ(http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15039207071955))