神栖の蕎麦屋 登美佳(とみよし) の鳥そば

神栖の役所近くにある蕎麦屋さん、登美佳(とみよし)に行ってきました。

役所から近いってのがサラリーマンに嬉しいですね。

旅館も経営していて、表に出ている看板にも旅館登美佳と書かれていますが、きちんとした蕎麦屋も経営しています。

IMG_0477

注文したのは鳥そば。値段は750円です。

鳥の胸肉がごろっと3,4個入っていてボリュームは満点!

そばも素朴ながら濃い味おつゆでおいしいそばでした。

付け合せに白菜の漬物があるのも嬉しいですね。最後に食べると口の中がさっぱりします。

鳥そばはリーズナブルながらもお肉をしっかりとれるのでおすすめです。

メニューはたくさんあり、全部覚えてないですが丼やうどん、カレーなどもおいています。

既存HDDより容量の小さいSSDに換装するときに出たエラー

使用して5年目の富士通PC「LIFEBOOK AH AH53/C」のHDDがCRCエラーにより起動しなくなりました(;;)

FMVA53_01

CRCエラーとなるとデータの回復は不可能に近いですね。

でも大事なデータはとってあったしとりあえずリカバリすれば解決です。

2年前の記事でも書きましたが、かねてからSSDにしたいと思っていたので128GBのSSDに換装することに決めました。

 

 

使用したSSD

今回購入したSSDはこれ。

Transcend SSD 128GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS128GSSD370S

金額はだいたい6,000円でした。SSD出始めの時期よりだいぶ安くなりましたね。

リカバリ方法と発生したエラー

まずは電源ケーブルを抜いてバッテリーを取り外し、本体裏の左下のケースを外します。

ネジを外し、HDDとSSDを取り替えてバッテリーと電源を入れます。

購入時に作成しておいたトラブル解決ナビを入れて起動。リカバリメニューから全ドライブを購入時の状態に戻すを選択してリカバリ開始です。

換装なんか何度もやってるし簡単かんたん…ん?エラーが出てます。

「容量が不足しているため続行できません」

こんなエラー始めてみました。

調べたところ、購入時からついていたHDDより容量の小さい記憶デバイスでリカバリを実行しようとすると発生するエラーのようですね。

リカバリ前にパーティションの割り振りすらも購入時に戻すため、容量が既存HDDと同等かそれ以上の記憶デバイスでないと受け付けない仕様です。

このパソコンの場合、500GBのHDDを使用していたので、500GB以上のHDDもしくはSSDを購入しなくてはなりません。

対処法

私のなかではこの後どうするか3通りの案がありました。

1:500GBのHDDもしくはSSDを買ってリカバリ
2:OSを買って突っ込む
3:500GBHDDにリカバリして、システムクローンをSSDに作成する ← NEW!

今回はどうしても128GBのSSDにしたいので1は無しです。

2は試しましたがこのパソコンのグラフィックドライバが見つからず、おまけにWindowsUpdateがいっくらやってもエラーだったのでダメでした。(メーカー製PCにOS直接入れるのはまずかったかも…)

ということで、初めての試みではありますが3のシステムクローンを試してみます。

システムクローンとは、OS起動に使われるCドライブ全体を別の記憶デバイスにすべてコピーし、そのデバイスからOSを起動する方法です。

この方法、まずは500GBのHDDにリカバリをしなくてはならないので泣く泣くこちらを購入しました。

HGST(エイチ・ジー・エス・ティー) Travelstar 500GB パッケージ版 2.5インチ 7mm厚 7200rpm 32MBキャッシュ SATA 6Gb/s 【3年保証】 0S03620

こっちもだいたい6,000円です。

システムクローン

最初に500GBのHDDにリカバリを実行します。ここは記事冒頭のとおりです。

リカバリが終わったらフリーソフトを使ってシステムクローンを作成します。SSDはSATA to USB変換器でPCに接続しておきます。

GREEN HOUSE SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ 2.5インチHD対応 GH-USHD-IDESA

¥2,210

購入したSSDのメーカー、TRANSCENDが公式で発表しているSSD SCOPEというソフトは、文字化けで表示が読み取れない上、なんとかスタートしたものの画面がグレーアウトしてフリーズ…

別のソフト、EaseUS Todo Backupを使用しました。

インストールはこちら
EaseUS Todo Backup公式ページ

システムクローン ソフトと検索すると一番に出てくるソフトですから、自分の中での信頼度はSSD SCOPEよりも高いです。

こちらでシステムクローンを作成し、SSDに換装して起動…

起動するかドキドキしましたが、無事起動しました!

私のようにHDDが壊れてSSDへの引っ越しを考えているならば、EaseUS Todo Backupというソフトがおすすめです。

 

あまりとらない写真

元気ですか?

どうも今週末、春一番が吹くらしい。

せっかく、スノーボードに行く予定をたてていたのですが。

水曜日に写真撮影でお邪魔した際に、花が沢山飾られていたので、ガラにもなく撮ってみました。

01

とりあえず1枚。

う~ん、roseですか。

薔薇って、漢字で書けますか?

ボクは書けません(爆)

02

違う写真。

03

そして寄った写真。

う~ん、どうでしょう。

撮りなれていない物なので、良し悪しが分かりません。

04

最後に露出等を変えて。

う~ん、良し悪しが本当にわからないです。

波崎 光明院の平成28年度星祭・護摩供養に参加しました!

波崎地区の光明院で行われる星祭・護摩供養(ほしまつり・ごまくよう)に参加しました。

毎年参加しているお供養なのですが、昨年と違い今年は晴天に恵まれました。

去年の記事
波崎 光明院の星祭・護摩供養に参加しました

お堂の中には100人近くの参拝者がいました。

定刻となり、副住職の挨拶とともに星祭・護摩供養が開催されました。

P1010944

星祭・護摩供養ではまず住職らによってお経が読み上げられます。

その後火が焚かれ、護摩木という供養したい人や物の名前が書かれた板を火に通します。

家内安全、身体健全、試験合格、商売繁盛、事業繁栄…様々な種類の供養を行ってもらえます。

その間に参加者は功徳を頂くための法典を頭、肩、背中にあてられてから護摩の火の煙にあたりに行きます。

P1010941

皆さん、ご利益を受けたい体の箇所に煙をすりこんでいました。

護摩の火の煙を受けている間、住職らによって般若心経が読まれ続けます。

入堂の際、よみがな付きのお経のプリントが配られますので一緒に読むことができます。

最後に真言を読み上げて護摩供養は終了です。

光明院は、真言宗 大覚寺派で薬師如来を祀っており、永代供養はもちろん、水子供養やペット供養等も行っております。

お困りのことがあった時には相談してみてはいかがでしょうか。
真言宗 大覚寺派 薬師山 光明院

【メモリ増設】Lavie LS150/f_4GBから8GBに増設!

3年以上使い続けたパソコン、NEC Lavie LSシリーズ「LS150/f」のメモリを交換しました。

このパソコン、イラレなどメモリをドカ食いするアプリと同時に、これまたメモリをドカ食いするChromeを立ち上げようものならCPUがうなりをあげます。

Ctrl+Shift+EscキーでPCのパフォーマンスを確認すると、おぉ・・・メモリ使用量が4GBいっぱいのあたりをふよふよしています。これはメモリ増設しないとです。

このパソコンに適合するメモリはバッファロー製「MV-D3N1600-4G」(PC3-12800 DDR3 SDRAMS.O.DIMM 4GB MV-D3N1600-4G)
」。4GB2枚で8GBにします。

取り付け方

作業前には手を洗いましょう!手の油や汗はメモリの金属部につくとサビの原因となります。

まずパソコンの電源を落とし、念のためACアダプタとバッテリーを取り外します。

IMG_0436

画像の赤枠の部分のネジ5つを全て外します。小さなネジです。無くさないように注意!

IMG_0437

あけるとこうなります。画像上の方の黒い四角が8つ乗ってる緑の板がメモリです。

IMG_0438

メモリ両脇で固定している金属のピンをぐいっと横に開いてメモリを取り外します。メモリは画像のように立ち上がります。

メモリの切り欠きが差込部に合うようにきちんと差し込み、金属のピンがカチッとなるまでメモリを水平に倒します。

あまりないとは思いますが、この時抵抗器や記録部(黒いとこ)がはずれてぶっ壊すことが無いように緑の基板部を押すように気をつけましょう。

IMG_0440

2枚差し込んだら、最終的にはこうなります。最後にカバーをしてネジで閉めておしまいです。簡単!

無事起動を確認後、複数のアプリを立ち上げてみましたが、メモリ使用量は4GBを超えてもまだまだ余裕です!

今回購入した商品はこちらです。