悩んだ末に

台風一過の青空、久しぶりの晴天で・・・・・・

・・・・・・暑いです。

突然ですが、10年近く愛用していたPCのキーボードさんがお亡くなりになりました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

勘違いしないでほしいのは、10年近く一つのキーボードを使っていたわけではなく、同じ型のキーボードを4回ほど買い替えて使っていました。

当然、再度同じものを買おうと思ったのですが、残念ながら廃盤となっていました。

形、キーピッチや押し心地、全て気に入っていました。

しかし、ない物は仕方が無いので、新たな獲物を物色し始めたのであります。

最初は光物が良いかな、なんて考えていましたが、高い。

どうせ高い物を買っても、2~3年すれば壊れる。

そんな思いから、安くて場所を取らないテンキーレスへと考えがシフトしました。

ここで新たな問題が発生。

有線・無線。更に、日本語キーボード・英語キーボードの問題。

誤解のないように記述しておきますが、英語キーボードでも問題なく日本語は打ち込めます。

但し、若干記号のキー配列が違うのです。

最初は英語・無線・バックライト付きのキーボードに気持ちが揺れましたが、Windowsの設定が面倒(ドライバの更新が必要なため、尚且つ私はノートPC使いです。因みにMacは簡単です)。

なので日本語・テンキーレスに決定。

あとは、有線・無線の選択です。

色々なレビューを見ながらELECOMのキーボードにすることにしました。

そうと決まれば、まずは本物を触ってこようと、のこのこと、近所の電気屋さんへと足を延ばす。

しかし、目的の商品はどこにもない。本当、田舎の電気屋さんって品ぞろえが・・・・・・

仕方が無いので、ネット上にて情報を仕入れる。

金額が安いので、見た目のショボさには目をつむる。

色々と調べていくと、重要な情報を発見した。

無線は反応が悪い。

これは致命的だ。

どうも最初の文字や特定のキーにおかしな挙動があるとの事だった。

これで有線に決定となり購入。

届いたので早速使ってみると、あれ?ずれてる。

例えば、『ち』と打ったつもりだったけど、画面上は『と』になってたりする。

これは、キーピッチの問題だろうから、そのうち慣れるだろうと言う事で、ボクの中で問題を解決した。

見た目もプラスチィック感満載だけど、安いからと諦める。

肝心のうち心地は結構良い感じた。

大きさも、15.6インチのノートPCより若干小さいくらいで丁度良い。

値段を考えると(私はアウトレットで買ったので、更に安い)、良い買い物をしたと満足。

これから長い付き合いになるから、宜しく頼むぞ、相棒!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。