85歳の男性が“ひき逃げ”され死亡 茨城・神栖市

 

 茨城県神栖市の市道で85歳の男性が頭から血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。現場の状況から、警察は死亡ひき逃げ事件として捜査しています。

11日午後5時50分ごろ、神栖市平泉で「人が倒れている」と警察署に通報がありました。男性は道路上で頭から血を流して仰向けに倒れていて、約1時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。死亡したのは現場近くに住む安藤隆夫さんで、周辺には車の部品の一部とみられるプラスチック片が散乱していました。警察は死亡ひき逃げ事件として捜査しています。

(引用:テレ朝news(http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000111973.html))

 

「85歳の男性が“ひき逃げ”され死亡 茨城・神栖市」への1件のフィードバック

  1. 加害者、逮捕されたみたいですね。
    被害者の方が姉の職場のお客さんだって聞きました。

    あとこれはまだウラがとれてないんですけど加害者がどっかの銀行の支店長だとかなんとか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。