「キーボード」タグアーカイブ

「Anker Backlit Bluetooth キーボードケース iPad Air 2用 (1回の充電で5ヶ月連続使用可能、7色のバックライトモード)」が欲しいです。

「Anker Backlit Bluetooth キーボードケース iPad Air 2用 (1回の充電で5ヶ月連続使用可能、7色のバックライトモード)」が欲しいです。

 

 

  • Anker®製品の強み:1000万人以上が支持するAmazon第1位の充電製品ブランドを是非お試し下さい。
  • 鮮やかなバックライト: 7色のバックライトモードでキーボードを照らせます。カラーは好みに合わせて簡単に変更することができます。
  • 業界トップクラスのバッテリー寿命: 1回の充電で最大5ヶ月連続使用可能(1日2時間使用した場合)。10分間放置すると自動で省電力モードに入ります。
  • 多彩な使用方法: 簡単にラップトップスタイルと手持ちスタイルの双方が可能。用途に応じて、使い分けができます。
  • パッケージ内容: Anker Backlit Bluetoothキーボードケース、Micro USBケーブル、取扱説明書、18ヶ月保証、カスタマーサポート

    商品の説明

    Backlit Bluetoothキーボードケース
    7色のバックライト付保護キーボードケース

    Anker: 1000万人以上が支持するブランド
    – 業界最先端技術による製品
    – 99%の高評価

    鮮やかなバックライト
    7色のバックライトモードでキーボードを照らせます。カラーは好みに合わせて簡単に変更することができます。

    業界トップクラスのバッテリー寿命
    他社のバックライト付キーボードより長く、1回の充電で最大5ヶ月使用可能です。10分間放置すると省電力モードが起動します。

    多彩な使用方法
    多くの他社キーボードと異なり、 簡単にラップトップスタイルと手持ちスタイルの双方が可能。用途に応じて、使い分けができます。

    世界でも名高い製品保証
    Ankerは弊社製品に絶対の自信を持っています。そのため、18ヶ月保証と品質の高いカスタマーサポートを全ての製品に提供しています。


    メーカーより

アマゾンより引用)

 

「Logicool ロジクール フルサイズ 薄型 ワイヤレスキーボード テンキー付 耐水 静音設計 USB接続 3年間無償保証ボード Unifying対応レシーバー採用 K270」が欲しいです。

「Logicool ロジクール フルサイズ 薄型 ワイヤレスキーボード テンキー付 耐水 静音設計 USB接続 3年間無償保証ボード Unifying対応レシーバー採用 K270」が欲しいです。

 

 

  • 【快適なフルサイズレイアウトのワイヤレスキーボード】 テンキー、幅広いカーブしたスペースバーを備えたワイヤレスキーボード。薄型且つコンパクト
  • 【簡単接続】 レシーバーをパソコンのUSBポートに挿すだけで使用できる、カンタンプラグ&プレイ仕様
  • 【耐水設計+高耐久性】最大60mlの液体量の試験条件にパス。500万回のキーストロークテスト済み
  • 【省エネ設計】 ON/OFFスイッチ以外にも、自動スタンバイ機能を装備、最大2年間、電池交換なしで使用も
  • 【クイックワンタッチキー】ボリュームの上げ下げ やブラウザの起動etc.ワンタッチで行える8つのホットキー装備

商品の説明

スタイル名:キーボード 単品

商品紹介

信頼のワイヤレス機能で好きな場所で操作できるキーボード、便利なワンタッチキー搭載の快適フルサイズレイアウト、最大2年の電池寿命、Unifying対応の超小型レシーバー

Amazonより

信頼のワイヤレス性能 ―好きな場所でキーボード操作

■ロジクールUnifyingレシーバー
ロジクール Unifyingレシーバーは、超小型のワイヤレスレシーバー(ナノレシーバー)で、ノートパソコンのUSBポートに挿したままでの持ち運びや収納が可能です。
最大6つまでの対応ワイヤレスマウスやキーボードを同じレシーバーに簡単に接続できます。

■エンターテインメントをワンタッチ操作
ボリュームを上げたいですか?お気に入りのウェブサイトをチェックしたいですか?8つのホットキーで簡単にインターネットへの接続、電子メールのチェック、再生/一時停止、ボリューム調整を行うことができます。

■簡単接続
セットアップはとても簡単。レシーバーをパソコンのUSBポートに挿すだけで、すぐにキーボードを使用することができます。ソフトウェアは不要です。
■信頼のクオリティ
キーボードは耐久性に優れており、水をこぼしても故障しない耐水設計*。また、長時間の使用でもキートップの文字が消えにくい特殊コーティングが施されています。
キーボードのグローバルリーダー、ロジクール社による3年間の無償保障もついています。
*最大60mlの液体(水)量の試験条件による結果です。液体には浸けないでください。

アマゾンより引用)

 

悩んだ末に

台風一過の青空、久しぶりの晴天で・・・・・・

・・・・・・暑いです。

突然ですが、10年近く愛用していたPCのキーボードさんがお亡くなりになりました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

勘違いしないでほしいのは、10年近く一つのキーボードを使っていたわけではなく、同じ型のキーボードを4回ほど買い替えて使っていました。

当然、再度同じものを買おうと思ったのですが、残念ながら廃盤となっていました。

形、キーピッチや押し心地、全て気に入っていました。

しかし、ない物は仕方が無いので、新たな獲物を物色し始めたのであります。

最初は光物が良いかな、なんて考えていましたが、高い。

どうせ高い物を買っても、2~3年すれば壊れる。

そんな思いから、安くて場所を取らないテンキーレスへと考えがシフトしました。

ここで新たな問題が発生。

有線・無線。更に、日本語キーボード・英語キーボードの問題。

誤解のないように記述しておきますが、英語キーボードでも問題なく日本語は打ち込めます。

但し、若干記号のキー配列が違うのです。

最初は英語・無線・バックライト付きのキーボードに気持ちが揺れましたが、Windowsの設定が面倒(ドライバの更新が必要なため、尚且つ私はノートPC使いです。因みにMacは簡単です)。

なので日本語・テンキーレスに決定。

あとは、有線・無線の選択です。

色々なレビューを見ながらELECOMのキーボードにすることにしました。

そうと決まれば、まずは本物を触ってこようと、のこのこと、近所の電気屋さんへと足を延ばす。

しかし、目的の商品はどこにもない。本当、田舎の電気屋さんって品ぞろえが・・・・・・

仕方が無いので、ネット上にて情報を仕入れる。

金額が安いので、見た目のショボさには目をつむる。

色々と調べていくと、重要な情報を発見した。

無線は反応が悪い。

これは致命的だ。

どうも最初の文字や特定のキーにおかしな挙動があるとの事だった。

これで有線に決定となり購入。

届いたので早速使ってみると、あれ?ずれてる。

例えば、『ち』と打ったつもりだったけど、画面上は『と』になってたりする。

これは、キーピッチの問題だろうから、そのうち慣れるだろうと言う事で、ボクの中で問題を解決した。

見た目もプラスチィック感満載だけど、安いからと諦める。

肝心のうち心地は結構良い感じた。

大きさも、15.6インチのノートPCより若干小さいくらいで丁度良い。

値段を考えると(私はアウトレットで買ったので、更に安い)、良い買い物をしたと満足。

これから長い付き合いになるから、宜しく頼むぞ、相棒!