「K&A みじん切り器 ふたも洗える ぶんぶんチョッパー BBC-01」が欲しいです。

「K&A みじん切り器 ふたも洗える ぶんぶんチョッパー BBC-01」が欲しいです。

 

 

  • サイズ:約12.5×12.5×9cm
  • 材質:本体/PS樹脂、ゴム足/TPR樹脂、フタ/ポリプロピレン・POM、取っ手/ABS樹脂、シャフト/ポリエチレン、刃/ステンレス刃物鋼
  • 原産国:中国
  • 満水容量:約450ml
  • 本体耐熱温度:約70度

商品の説明

色:  |  パターン(種類):単品

★手動式のみじん切り器です。
*持ち手を手前に引っ張るだけで、玉ねぎやにんにくだけはでなく、野菜の中でも硬い「にんじん」も数秒でみじん切りにできます。


メーカーより

アマゾンより引用)

 

「「酒臭い」警官、パトカー運転…上司も検知怠る」だそうです。

 

 福岡県警早良署地域課の男性巡査(20歳代)が8月、同僚と未明まで酒を飲み、朝になって出勤後にパトカーを運転していたことがわかった。

 県警は疑念を抱かせる不適切な行為だったとし、この巡査を近く懲戒処分にする方針。同課上司の男性警部補も、飲酒検知などの適切な対応を怠ったとして、処分する。

 捜査関係者によると、巡査は先月上旬、飲食店で同僚と未明まで飲酒。朝、同署に出勤して、勤務先の交番まで1人でパトカーを運転したという。県警はパトカー乗務の際、検知器などを使いチェックを受けるよう定めているが、巡査は行っていなかった。

 警部補は「酒臭い」と別の署員から報告を受けていたが、飲酒から時間がたっていると判断し、巡査に飲酒検知をしなかった。同署からの報告を受け、県警は道交法違反(酒気帯び運転)容疑で捜査。酒量や飲酒後の経過時間、体重などから、体内のアルコール濃度を推計する手法で調べたが、当時、酒気を帯びた状態だったと立証できなかった。

 

「サーモス 真空断熱タンブラー 420ml ステンレス JDE-420」が欲しいです。

「サーモス 真空断熱タンブラー 420ml ステンレス JDE-420」が欲しいです。

 

 

  • サイズ:(約)幅7.5×奥行7.5×高さ15.5cm
  • 素材・材質:ステンレス鋼
  • 生産国:中国
  • 容量:0.42L
  • 保冷効力(1時間):7度以下
  • 食洗機:対応

商品の説明

魔法びん構造だから飲みごろ温度をキープ。氷を入れても結露しない。ビールにもおすすめのタンブラー
普段使いにぴったり。ビールからソフトドリンクまで、コップ感覚で使える
ホットドリンクを入れても、外側が熱くならない
バーベキューやアウトドアに便利
食洗機OK


メーカーより

アマゾンより引用)

 

「アイリスオーヤマ LED シーリングライト 調光 タイプ ~6畳 CL6D-5.0」が欲しいです。

「アイリスオーヤマ LED シーリングライト 調光 タイプ ~6畳 CL6D-5.0」が欲しいです。

 

 

  • 商品サイズ(cm):直径約45×高さ約9.3
  • 本体重量:約1kg
  • 材質:ポリプロピレン、鋼板
  • 定格消費電力:約33W
  • セット内容:LEDシーリングライト本体、取り付け用スペーサー(角・丸)、リモコン、リモコンホルダー、単4形乾電池2本、ネジ2本、取扱説明書
  • 発売日:2016年7月29日
  • 常夜灯:2段階、切タイマー:30分、待機電力:0.5W、光色:昼光色相当、器具光束:3300lm
  • 演色性:80Ra、設計寿命:40,000時間、調光:10段階

    商品の説明

    サイズ:6畳

    薄くてすっきりコンパクト、シンプルなデザインでどんな部屋にも最適なLEDシーリングライトです。
    ワンランクアップの明るさで、お部屋をスッキリ明るく照らします。
    ボタン数が少ないシンプルなリモコンで簡単に操作ができます。
    調光10段階+常夜灯2段階の切り替えができ、お好みの明るさを記憶させ、記憶した明るさで再現点灯することができます。
    ランプ寿命が約40000時間と長寿命です。
    おやすみタイマー(30分)は設定後徐々に暗くなり設定時間で消灯する機能で、おやすみ時の消し忘れ防止に役立ちます。
    シーリングライトを複数使用する際は、隣接する器具を同じチャンネルにする事で、1つのリモコンで複数のライトを操作することができます。
    色がより自然に見える演色性を実現しました。
    工事が不要で、今お使いのシーリングライトから取り付けアダプターなしで付け替えが簡単にできます。


    メーカーより

アマゾンより引用)

 

「対応に7000万円 厚労相陳謝」だそうです。

 

 元公務員の配偶者ら約10万人に対する計598億円の年金支給漏れ問題を巡り、衆院厚生労働委員会は20日、閉会中審査を開いた。冒頭で加藤勝信厚労相は「年金受給者のみなさまにご迷惑をかけ、誠に遺憾」、日本年金機構の水島藤一郎理事長も「未払いのお客様に多大なご迷惑をかけ、心より深くおわびする」と陳謝した。

 機構は支給漏れの判明後、問い合わせ専用ダイヤルを設置し、対象者へ通知を郵送した。厚労省の高橋俊之年金管理審議官は、この費用が約7000万円だったと明かし「機構の内部管理事務経費を節約して税財源で負担する」と説明した。

 今回のケース以外の支給漏れについて、高橋審議官は「事務手順やシステムに由来する問題が他にもないか、過去の事務処理誤りの事例も含め点検させるため、機構内に対策チームを設置した」と話し、年内をめどに調査を進める意向を示した。関係者の処分について、加藤厚労相は「今月中を念頭に」と述べた。桝屋敬悟氏(公明)と柚木道義氏(民進)の質問への答弁。

 年金支給漏れは、厚生、共済両年金に20年以上加入していた受給者に65歳未満の配偶者がいる場合の「加給年金」を、配偶者が65歳になって基礎年金の受給を始めたら「振り替え加算」する際の事務処理ミスなどで発生した。午後には参院厚労委の閉会中審査がある。【堀井恵里子、野田武】

(引用:毎日新聞(https://mainichi.jp/articles/20170920/k00/00e/010/250000c))

 

市外局番0479地域での日々の生活